HR Leaders NEXT

HR Leaders NEXTカンファレンスプログラム

B02

社員の主体的な成長を実現する全世代対象のキャリア自律支援

2021年11月2日(火) 15:00〜16:30

講演タイトル

味の素における自律的キャリア開発支援の取り組み
〔 Profile 〕

スピーカー

後日記録動画視聴可
味の素株式会社
執行理事 コーポレートサービス本部 人事部長
箕村 雅史

概要

・ 味の素グループは、「アミノ酸のはたらきで、世界の健康寿命を延ばすことに貢献します」というメッセージのもと、2030年までに「食と健康の課題解決企業」に生まれ変わるという中期経営計画を策定。目指す姿の実現に向けた基本方針の一つとして、「人財と組織のマネジメント変革」を挙げるとともに、中計の実現に向けたロードマップのなかでも、生産性向上に向けた人財投資、課課題解決力の課題決力強化に向けた従業員エンゲージメント・多様性の向上と働き方改革に取り組むこととしています。 ・ そして、社員の自律的な成長に向けた施策の一環として、一人ひとりが、自分の強みや価値観、特性をよく理解し、ありたい姿(目標やビジョン)を描いて、その実現に向けて自ら行動し、成長することを後押しし、「働きがいのある会社」と「一人ひとりの自律的成長」の両輪を達成するために、自らのキャリア開発について考えられる場を増やす取り組みを進めてきました。 ・ 具体的には、2015年度から年代別のキャリア研修を揃え、各人が節目をつくって考える機会を設けるとともに、新入社員のキャリア研修や、新任女性基幹職へのキャリアコーチング等を導入しています。また、自社独自の『キャリアデザインハンドブック』を全従業員に配布するとともに、インナー(社内)キャリアカウンセラー養成研修を行い、人事部門等においてカウンセリング機能を備えた要員を育成し、世界中で働くグループ従業員の人財育成に取り組んでいます。 ・ 本セッションでは、味の素における経営方針の実現に向けた人財育成の基本的な方針ととともに、社員一人ひとりの自律的なキャリア開発に向けた支援の取り組みについて、ご紹介します。
〔 Profile 〕

コーディネーター

東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授
小山 健太
一覧に戻る
Share: