HR Leaders NEXTカンファレンスプログラム

B2

新しい時代のラーニング~個人の主体性に委ねる“何を、いつ、どこで、学ぶか”

2020年11月10日(火)16:30〜18:00

講演タイトル

多様な学びの機会を通してキャリアを支援する
J:COM ユニバーシティ
後日記録動画視聴可
〔 Profile 〕

パネリスト

株式会社ジュピターテレコム
人事本部 人財開発部 マネージャー
中野真理子

概要

J:COMブランドのケーブルテレビ事業、および各種専門チャンネルへの出資・運営・広告事業を展開してきたジュピターテレコムは、エンターテイメントと生活関連サービスが交わるドメインの中で、放送事業に留まらない地域の総合サービス事業者を目指している。地域社会に新しい価値をもたらしていくためにキーとなるのが、社員一人ひとりが主体的に既存の枠を超えた学びにアクセスできる機会と、知を持った人々同士が学びあう組織風土。それを実現しているのがJ:COM ユニバーシティである。2017年の設立以来、学部制を採用し、J:COM人財としての基礎を学ぶための必須科目を扱う総合学部の他、J:COM社員であれば誰でも手挙げ式で参加することができる、お客様対応学部、メディア学部など大きな分野に分かれた6つの学部を設置している。本ユニバーシティの最大の特徴は、教える側も社員であること。さまざまな社員のナレッジを活用して、組織内の知の共有・伝承に努めている。また、従前よりクラスルームトレーニングだけでなくオンライン配信も導入し、遠方の参加者の参加のしやすさにも配慮してきた。受講する社員は現在の職務に関わらず、将来の自分のキャリアを考えた上で、今、どんなことを誰から学ぶべきか、主体的に選択している。人財開発部では受講状況やキャリア開発へ活用度を確認・検証しつつ、社内キャリアアドバイザー制度とも連携させながら社員の成長を全面的に支援している。

 

講演タイトル

社員の自律的学習を支える
「ライオン・キャリアビレッジ」
後日記録動画視聴可
〔 Profile 〕

パネリスト

ライオン株式会社
人材開発センター 
主任部員
大山 展広

概要

「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」という経営ビジョンを掲げるライオンは、従来の日用消費財に留まらず、様々な商品およびサービスを通して人々のQOLの向上に貢献する経営を目指している。この変化を担う従業員には、これまでの部門や階層ごとの集合研修で獲得されてきた知識やスキルだけではなく、既存の枠を超えた学びが必要になっている。そこで、全ての社員が自律的にいつでも、どこでも、何回でも、部門・階層の枠を飛び越えて知識・スキル・情報を獲得できる仕組みとして、2019年に「ライオン・キャリアビレッジ」を導入。ここではE-Learningと小人数でのグループ討議を併設した学びの機会を全社員に提供している。2000タイトル以上の社内外のE-Learningコンテンツは従業員の幅広い知識の獲得を支援し、小人数でのグループ討議は自社がこれまで経験した事象をケース化したもので、ベテラン社員によるファシリテーションで進行されている。
この取組みの最大の特徴は、あくまでも「ライオン・キャリアビレッジ」の活用を社員の主体性に委ねていること。そのために、人事部門としては、社員の学ぶ意欲に働きかけるための様々な取り組みを行っている。加えて、「ライオン・キャリアビレッジ」での学びや仕事への活用度をインストラクショナルデザインの観点からデータ分析し、施策の有用性向上をバックアップしている。

 

〔 Profile 〕

コーディネータ

明治大学
政治経済学部 准教授
荒木 淳子
 
 
 
 

 

参加登録料

法人会員外:¥7,000(税別)
Share:
一覧に戻る