HR Leaders NEXTカンファレンスプログラム

A3

これからの雇用を考える

2019年11月26日(火)17:35〜18:55

講演タイトル

これからの雇用を考える
〔 Profile 〕

パネリスト

東京大学
公共政策大学院
大学院経済学研究科
教授
川口 大司
〔 Profile 〕

パネリスト

日本電信電話株式会社
代表取締役副社長
島田 明
〔 Profile 〕

概要

グローバル競争、少子高齢化、技術・ビジネスモデルの破壊的イノベーションの出現などにより、企業経営を取り巻く環境が大きく変わる一方で、人々の働くことへの価値観も多様化する中、組織や人材マネジメントの変化が求められている。加えて、政府が進める働き方改革や労働法制改革等により、従来の日本的雇用慣行を今後どうしていくかが問われている。
本セッションは、労働経済学からの理論・実証の知見と、雇用や人事に対する経営的観点からの見解を交えながら、終身雇用、賃金制度、人材採用、能力形成など、これからの雇用はどうあるべきか、人事実務としてどのような対応が必要となるかについて、掘り下げる。

〔 Profile 〕

コーディネータ

学習院大学
副学長 経済学部 教授
守島 基博





Share:
一覧に戻る