2017KAIKA カンファレンスプログラム

データを活用した負け組の採用戦略

開催日時 2017年2月9日(木)
講演者名 三幸製菓株式会社
人事部 人事課 係長
本間 聡子氏
概要 「採用イノベーション」はどのようにして生まれたのか?

三幸製菓は、これまで順調に伸びてきた業績が低迷したことに加え、SNSの普及や採用時期の見直し等の外部環境の変化により、2013年の入社採用から「これまでとは異なるアプローチで採用を行うべき」と舵を切りました。

「たくさん集ればいい人が見つかる」「面と向かって話し合えば、人となりがわかる」といった、これまで当たり前に考えていことを疑い、「エントリー数」「自社のポジショニング」「ターゲット」「正しく評価できる手法」を採用活動における課題解決のテーマとして、変革を行い、「日本一短いES」や「カフェテリア採用」が生まれました。

本セッションでは、この課題解決のプロセスを
  ◆採用のゴールをどこに置くか?
  ◆入社後に自社で活躍できる人材をどう定義するか?
  ◆採用時点で評価すべき能力は何か(なにを見て、何を見ないか)?
等の観点に、データをどう活用するのかを踏まえて紹介していきます。
厳しさを増す採用市場で勝ち抜くためのヒントが詰まったお勧めのセッションです!!

本セッションにお申込みされた方はこちらもお申込されています

Share: