2019KAIKA カンファレンスプログラム

多様な価値観を活かし、
未来に向けてのイノベーションを
生み出す人・組織マネジメントの実践

開催日時 2019年2月21日(木) 11:10~12:40
講演者名 アデコ株式会社
取締役
ピープルバリュー本部 本部長
土屋 恵子 氏
プロフィール 2015年より現職。
ジョンソン・エンド・ジョンソン・GEなど、主にグローバルカンパニーで20年間以上にわたり、統括人事・人材育成部門の統括責任者として日本およびアジアの人材育成や組織開発の実務に携わる。
一人ひとりの個性や強みが生きる、多様で自律的なチームや、ピープルセンタードの組織創りをテーマに、リーダーシップ開発、企業の社会的使命の共有による全社横断の組織改革、バリューに基づく個人の意識や行動変革の支援、組織診断・制度浸透、などを手がける。
ケース・ウェスタン・リザーブ大学経営大学院組織開発修士課程修了。
概要 硬直的な人事の役割を転換し、未来に向けたイノベーションを生み出すプロセスを、組織内でいかに形作っていくか。このためには、メンバーの成長に向けて、個々の可能性をいかに引き出し、サポートしていくかがポイントとなります。
そのための施策はなにか、グローバルカンパニーでの実践事例を通じて、人と組織のマネジメントの観点からイノベーションの可能性を探ります。

1.経営にとってのHR
・今後10〜20年で「人」に求められるものがどう変わるか? 他

2.経営の課題にともに取り組む
・HRのトレンドは、会社視点からの脱却
・人事の今までの哲学を捨てる
  ✕「自社のパフォーマンスの向上」
  ✕「コントロール・浸透」
  ✕「パフォーマンス向上のためのリソースの管理」
  ✕「人を教育する」
  ✕「計画的アプローチ」
・人事の硬直的な役割・制度からの脱却
  ×「正しさ・緻密さの追求」
  ×「正しく運用する」
  ×「現場を指導・管理する」
  ×「正しくなければいけない」
                    他

参加申込みは、全日(2日間)もしくは1日単位となります。
また、期間内の交代参加が可能です。
お申込みの流れや注意事項については、「お申込み」ページからご確認ください。

参加料金(税別)

参加料 全期間参加(2日間) 1日単位参加 半日単位参加
日本能率協会法人会員 105,000円 55,000円 29,000円
会員外 125,000円 65,000円 39,000円

前のページへ戻る

Share: